【ASRock B550AM GAMING】ASRockのPCIe Gen4対応B550マザーボードの情報が出たぞ【スペックまとめ】

asrock b550am gaming micro atx motherboard mainboard マザーボード
Image Credit : @KOMACHI_ENSAKA
この記事は約3分で読めます。

ASRockのAMD用micro-ATXマザーボード B550AM GAMINGの情報がついに出てきました。
B550チップセット自体はどうやら去年の10月に話題になった低電力版B450「Promontory」のリネームらしいですが、3000番台RyzenのPCIe 4.0に対応しています。

ZEN2 Ryzen 3000番台を使いたいが、拡張性はさほど必要じゃない方にとってこの類のマザーボードはかなりコスパがよく、オススメになりそうです。
以下に簡単にまとめてみましたのでぜひご覧くださいませ。

基本スペック

ASRock B550AM GAMINGの基本スペックや主なヘッダー類は以下の通りです。
一部リークされた写真の見た目からの情報もありますのでご了承ください。

ASRock B550AM GAMING (Image Credit : @KOMACHI_ENSAKA)
  • メーカー:ASRock
  • ソケット:AMD AM4
  • CPU補助電源:8pin×1(オーバークロックはきついね)
  • VRM:10フェーズデジタル電源(Ryzen 9も定格なら運用できそう)
  • PCIeスロット:上段PCIe 4.0 x16(CPU直結)、下段PCIe 3.0 x4(チップセット経由)
  • M.2スロット:M2_1はPCIe 4.0 x4 or SATA / M2_2はSATAのみか?
  • SATA 3.0:4スロット
  • ファンヘッダ:4pin x3
  • RGBヘッダ:4pin x2、3pin x1(アドレッサブル)
  • USBヘッダ:3.0 x1、2.0 x2

I-OパネルのUSBなどの主な接続は以下の通り。

ASRock B550AM GAMING I-O
ASRock B550AM GAMING I-Oパネル こちらの動画より
  • USB 3.2 Gen 2:Type-A x1 / Type-C x1
  • USB 3.2 Gen 1:Type-A x4
  • PS2端子:あり
  • オーディオ:3端子
  • 映像出力:HDMI x1(もちろん内臓GPU付きのCPUじゃないとダメよ)
  • 有線LAN:1GbE
  • 無線:Wi-Fiはおそらく802.11acまで対応、Bluetoothは不明だがおそらく対応(verは不明)

価格や筆者の補足コメント

価格や販売時期に関しては現状ASRockからの公表はまだありません。
そもそも一般向けに販売せず、OEM専用ボードになる可能性も否定できないそうです。

VRMはX570レベルの耐久性の高いものにしてあるらしく、ヒートシンクも一応ついているので、Ryzen 9の3900Xや3950Xでも定格で使う分には問題なさそうと筆者は予想しています。

ただしCPU補助電源は8pinが1つだけなので、どのCPUでもオーバークロックは厳しいと思われます。(まぁ6コアまでのCPUとか、ちょっとかじるくらいならできるのでは)

グラフィックボードに関しては1枚使いまでなら全然問題ありません
上段のPCIeスロットはGen4 x16ですが、ZEN2のCPU以外だとGen3になります。
下段のPCIeスロットはGen3 x4レーンなので帯域が狭いです。ご注意ください。

M.2も1つはCPU直結のPCIe 4.0 x4レーンなので、Gen4 NVMe SSDを使ってみたい方にもイケますね。

RAM・メモリに関してもCPUと直結で物理的に近そうに見える(?)ため、もしかすると意外とメモリオーバークロック性能もある程度あるかもしれませんね。(さすがに期待しすぎかなぁ)

この情報を皮切りに各社色々なB550のマザーボードが出てくると思いますので、今後の情報も楽しみです!


もし良ければシェア、Twitterフォロー、YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
Twitter : ぽんたす
YouTube : ぽんたすチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました