【AMD公式情報】B550マザーボードはZen 2 Ryzen 3000とZen 3 Ryzen 4000に対応し、Zen+以下のCPUには互換性なし【X570はZen 3互換性あり】

CPU
Image Credit : TechPowerUp; AMD
この記事は約4分で読めます。

AMDは、次世代の「Zen 3」第4世代Ryzen 4000デスクトップCPUは500番台とそれ以降のチップセットのみをサポートすることを明らかにしました。

今年発売予定の「Zen 3」Ryzen 4000シリーズは、400番台や300番台のチップセットでは動作せず、X570やB550、またはそれ以降のチップセットを搭載したマザーボードが必要ということになります。

AMD B550とは:ミドル帯チップセットB450の後継

AMD B550チップセットは、B450の後継となるコストパフォーマンスの高い新しいミドル帯のチップセットです。

高いコスパで人気を博しているB450チップセットと同様に、TDPが5~7Wの低電力シリコンチップになっています。
AMD公式には非公開ですが、ASMedia製のチップセットである可能性があるとのことです。

関連記事:
【速報】AMDのB550マザーボードが6月に発売予定!【初のPCIe 4.0対応高コスパマザボになるか】

B550はZen 2以降のCPUのみサポート

現状、B550は第3世代 Zen 2 Ryzen 3000「Matisse」シリーズのデスクトップCPUのみをサポートしており、Vegaグラフィックスを内蔵しているZen+ Ryzen 3000「Picasso」APUには非対応となっています。

同様に、第2世代のZen+ Ryzen 2000「Pinnacle Ridge」CPU、Zen Ryzen 2000「Raven Ridge」APU、第1世代のZen Ryzen 1000「Summit Ridge」CPUもB550ではサポートされていません。
ZenアーキテクチャのAthlon 200シリーズや3000シリーズにもB550は非対応となっています。

将来性としては、B550チップセットは次世代のZen 3 Ryzen 4000「Vermeer」デスクトップCPUをサポートすることがAMD公式に言及されました。

Image Credit : TechPowerUp

B550はPCIe 4.0を部分的にサポート

AMDのB550マザーボードは主要な部分でPCI-Express gen 4.0サポートしていることが特徴で、主にグラフィックボードと接続するPCI-Express x16スロットと、NVMe SSD用M.2スロットのPCIe 配線はともにCPU直結で、PCIe 4.0になっています。

それ以外の、B550チップセットから配線されるPCIeレーンは全てgen 3.0になっています。

Image Credit : TechPowerUp

B550はPCIe 3.0を8レーンを出力することができ、CPU直結のレーンと合計するとB550マザーボードは最大で28レーンのPCIe(gen 4.0 x16 + gen 4.0 x4 + gen 3.0 x8)を扱うことができます。
(gen 3.0 x8の部分の使い方はマザーボードによって様々であり、x4 NVMeを2つだったり、PCIe x1レーンがいくつかだったり、ユーザーによって使い分けられたりします。)

B550チップセットとCPUの接続は、PCIe 3.0 x4となっています。

Image Credit : TechPowerUp

B550のSATA・USB仕様

SATA 3.0は最大6つ、RAIDにも対応

B550チップセットのSATA 3.0接続に関しては、AHCIとRAID機能に対応したSATA 3.0 6Gbpsポートを最大で6つ接続することができます。(マザーボードによります。)

USBは10Gbpsが2ポート

USBに関しては、B550チップセット側のみで最大10GbpsのUSB 3.2 gen 2を2ポート、最大5GbpsのUSB 3.2 gen 1を2ポート、USB 2.0を6ポート備えています。

CPU直結のPCIe・SATA・USB接続には手を加えておらず、CPU側で4ポートの10Gbps USB 3.2 gen 2や、SATA 3.0 6Gbpsを最大2ポートなどの対応になっています。

B550はなんとマルチグラボ対応

B550はなんとマルチGPU機能が有効になっており、PCIe x16スロットに2枚のグラフィックボードを接続する場合は、x16 PEGリンクは2つのx16スロットに8レーンずつ分割されます。
(SLIやCrossFire、マルチGPU機能への対応はマザーボードによりますのでご注意ください。)

今までこの機能は上位のX370やX470などのX系チップセット限定でしたが、B550からB系のチップセットで扱えるようになることはかなりのビッグニュースなのではないでしょうか。

Image Credit : TechPowerUp

もちろんCPU/メモリオーバークロックも可能

これまでと同様、B550チップセットはCPUオーバークロックとメモリオーバークロックにも対応しており、各マザーボードメーカーの性能がどうなっていくのかも面白いところです。

価格の高いB550マザーボードはX570マザーボードに匹敵するオーバークロック性能を持つのではないかという期待の声も多く、今後のレビューが楽しみです。

B550発売日・価格

AMDによれば、B550チップセット搭載マザーボードの発売日は2020年6月16日の予定で、価格は100 USドルからになるとのこと。


もし良ければシェア、Twitterフォロー、YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
Twitter : ぽんたす
YouTube : ぽんたすチャンネル

コメント

  1. […] 5 3400G等の後継】 2020.05.09 【AMD公式情報】B550はZen 2 Ryzen 3000とZen 3 Ryzen 4000に対応し、Zen+以下のCPU… […]

タイトルとURLをコピーしました