【Ryzen 7 4700Gと判明!Ryzen 5 4400Gも?】AMDがZen 2 Ryzen 4000「Renoir」デスクトップCPUを2020年7月に発売予定?【8コア16スレッド & 7nm Vega APU】

CPU
Image Credit : AMD
この記事は約5分で読めます。

ぽっと出の情報でにわかには信じられませんが、現状でAMD最新のモバイル・ノートPC向けAPUに採用されている【Zen 2 Ryzen 4000シリーズ:コードネーム「Renoir」】が、早くもデスクトップCPUのラインナップに追加される予定であるというウワサが流れています。

2020年6月16日更新情報:記事はこちら
Zen 2 Ryzen 4000デスクトップAPU「Renoir」シリーズは今年2020年7月21日リリースか?

関連記事:
【AMDがRyzen 4900H「Renoir」を公式発表】ZEN2 8コア16スレッド、1.8TFLOPSの7nm Vega GPU

Zen 2 Ryzen 4000「Renoir」とは

AMDのZen 2 Ryzen 4000「Renoir」とは、7nmプロセスZen2アーキテクチャCPUと、7nm Vega GPUを併せ持つAPUに命名されているコードネーム(Renoir:ルノワール)です。

先月モバイル向けにリリースされたばかりのAPUで、フラグシップモデルは8コア16スレッドで約1.8TFLOPSというPS4並のグラフィック性能を持ちながらTDP 45WのRyzen 9 4900Hになっています。

関連記事:
【AMD Ryzen 4000モバイルCPU発売!】Ryzen 9 4900Hはシングル・マルチ性能の両方ともIntel Core i9を上回る!?

早くもZen 2 APUがデスクトップに登場?

今まではノートPC・モバイル向けに新型APUを発売してしばらくした後、デスクトップCPUのアーキテクチャから1世代遅れている状態でデスクトップCPUにラインナップ入りさせる、というやり方をAMDは取ってきていました。
(例えば、Zen 2 Ryzen 3000デスクトップCPUシリーズにZen+ Ryzen 3 3200GやRyzen 5 3400Gが紛れ込んでいるという状態)

今回はその流れを崩し、Zen 3 Ryzen 4000デスクトップCPUが発売される前にZen 2 Ryzen 4000デスクトップAPUを並べるということになるのでしょうか。

「Renoir」デスクトップCPUは、現行のZen+コアでVega GPUを内蔵するRyzen 5 3400GやRyzen 3 3200Gの後継になる、Zen 2コアと7nm Vega GPUを搭載したAPUということになり、従来通りであればデスクトップCPU版での名称は Ryzen x 4x00Gという形になると思われます。

Ryzen 4000「Renoir」デスクトップAPUは8コア!?

一つの大きな着目ポイントとして、今回の「Renoir」Ryzen 4000 デスクトップAPUは8コア16スレッドになるのではないかと言われています。(あくまでもまだウワサです。)

今までのRyzen 5 3400Gなどは4コア8スレッドなので、コア・スレッド数が2倍に増えることになりますね。

Zen 2 Ryzen 4000「Renoir」APUの性能は

気になるRyzen 4000デスクトップAPUの性能ですが、ツイートされたベンチマークスコアによれば、CPU部分はRyzen 7 3800XやRyzen 7 3700Xとほぼ同じパフォーマンスになっています。

ASRockのB550 Taichi上でベンチマークされていますが、CPU自体がまだES品でありクロックが低い可能性があることや、メモリがDDR4-2133 MHz 8GBの1枚のみでテストされていることは注意点です。

Renoirはモノリシックデザインのシリコンダイ(ひとつながりの一枚板シリコンダイということ)になっているため、同じZen 2で8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xなどよりもパフォーマンスが若干高くなるのではないかと予想されています。

Image Credit : @TUM_APISAK

2020年7月リリース?

wccftechの情報筋によれば、このAMD Zen2 Ryzen 4000「Renoir」デスクトップCPUは2020年7月あたりにリリースされる予定とのこと。

ただし、これに関しては正直まだ信憑性を疑った方がいいかもしれないと個人的には思っています。

Ryzen 7 4700Gがリーク!Ryzen 5 4400Gもあるか?

2020年5月11日追記時点で、Ryzen 7 4700Gの存在がリークされました。
8コア16スレッドで7nm Vega 8CUのGPUを持つモデルがRyzen 7 4700Gになると思われます。
現状のリークでは3.0GHz~4.0GHzのクロックでの動作が確認されています

Image Credit : @_rogame

モバイル向けのRyzen 7 4900Hは8コアでTDPは45Wですが、Ryzen 7 4700Gはデスクトップである利点を生かしてTDPを65Wにし、電力に余裕が持てる分GPUが高クロックを維持しやすくなっているのではないかと予想されています。

関連記事:
【AMD Ryzen 4000モバイルCPU発売!】Ryzen 9 4900Hはシングル・マルチ性能の両方ともIntel Core i9を上回る!?

また、本日筆者がアキバで耳にした情報では、今まで通り4コア版の「Renoir」APUも発売されるのではないかと言われています。
もしこの話が本当であれば、4コア8スレッドの「Renoir」APUはおそらくRyzen 5 4400Gという名称になると予想しています。

なんだか急に出てきた印象のあるZen 2 Ryzen 4000「Renoir」デスクトップAPUのウワサですが、もし本当に今年後半にZen 3 Ryzen 4000「Vermeer」デスクトップCPUと合わせてリリースされるとするなら、AMDはIntelに対してかなりアグレッシブに対抗していることになりますね。


もし良ければシェア、Twitterフォロー、YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
Twitter : ぽんたす
YouTube : ぽんたすチャンネル

タイトルとURLをコピーしました