【Ryzen 7 PRO 4700G、Ryzen 5 PRO 4400G、Ryzen 3 Pro 4200G】AMDのZen2 Ryzen 4000G「Renoir」 デスクトップAPUのベンチマークスコアがリーク!【グラフィック性能は3400Gよりも低い?】

AMD Ryzen 5 3400G Vega iGPU APU Zen+ CPU
Image Credit : Amazon
この記事は約7分で読めます。

AMDのZen 2 Ryzen 4000G Renoir デスクトップAPUであるRyzen 7 PRO 4700GRyzen 5 PRO 4400GRyzen 3 PRO 4200Gの3DMark Fire Strikeベンチマークスコア@TUM_APISAK氏や@_rogame氏によって発掘、リークされました。

比較しやすいようにスコアを表にまとめましたので、ぜひご覧くださいませ。

関連記事:
【Ryzen 7 4700Gと判明!Ryzen 5 4400Gも?】AMDがZen 2 Ryzen 4000「Renoir」デスクトップCPUを2020年7月に発売予定?【8コア16スレッド & 7nm Vega APU】

Ryzen 4000GデスクトップAPUシリーズとは

AMDの「Renoir」Ryzen 4000Gシリーズは、iGPU無しのCPUとコアスレッド数が揃えられており、前世代からすべてのモデルでコアまたはスレッド数が増加しています。

Ryzen 4000デスクトップCPUシリーズと並びますが、Ryzen 4000GデスクトップAPUのアーキテクチャはZen 3ではなくZen 2であることにはご注意ください。

ハイエンドのRyzen 7 4700Gは8コア16スレッドとなり、ミッドレンジのRyzen 5 4400Gは6コア12スレッド、ローレンジのRyzen 3 4200Gは4コア8スレッドとなっています。

CPUコアの増加とは裏腹に、内蔵のVega GPUのコア数は減少しています。
現状の情報では、Ryzen 7 4700Gは8CUで2100MHz動作、Ryzen 5 4400Gは7CUで1900MHz動作、Ryzen 3 4200Gは6CUで1700MHz動作と言われています。

Vega自体は14nmから7nmへと製造プロセスの微細化が進んでおり、よりクロックが上げられるようになったため、Vegaのコア数が減少してもグラフィックスの性能は上がると予想されています。

しかし、どうも今回のベンチマークスコアを鑑みるとRyzen 7 4700Gのグラフィックス性能は前世代Ryzen 5 3400Gと同等か、若干劣る可能性が浮上してしまいました。

関連記事:
【AMD Ryzen 4000デスクトップAPU】8コア16スレッド & 7nm Vega GPU搭載Ryzen 7 4700Gの写真がリーク!:価格と発売時期【Intel Core i7-10700と対決か】

Ryzen 4000 APU 対 Ryzen 3000 APU スコア比較

ベンチマークスコアが発見されたモデルは「PRO」バージョンですが、基本的にAMDは「PRO」とそうでない通常モデルとで性能は変わらないはずなので、Ryzen 4000Gシリーズのパフォーマンスを今回のスコアから比較することができます。

Image Credit : VidoCardz

ベンチマークは3DMark Fire Strikeで行われており、CPUパフォーマンスの指標となるPhysics Score、グラフィックス性能の指標となるGraphics Score、両方のバランスが重要となるCombined Scoreの値を抽出し、表にしました。

各スコアの最大値は赤文字にしてあります。

CPUコア /
スレッド
ベース
ブースト
iGPUTDPFire
Strike
Physics
Score
Fire
Strike
Graphics
Score
Fire
Strike
Combined
Score
Ryzen 7
(PRO) 4700G
8 / 163.6GHz
4.4GHz
7nm Vega
8 CU
2100MHz
65W23,3924,3011,336
Ryzen 9
4900HS
(参考)
8 / 163.0GHz
4.3GHz
7nm Vega
8 CU
1750MHz
35W21,2894,0841,247
Ryzen 5
(PRO) 4400G
6 / 123.7GHz
4.3GHz
7nm Vega
7 CU
1900MHz
65W19,1134,0331,276
Ryzen 5
3400G
4 / 83.7GHz
4.2GHz
14nm Vega
11 CU
1400MHz
65W12,2334,3531,359
Ryzen 3
(PRO) 4200G
4 / 83.8GHz
4.1GHz
7nm Vega
6 CU
1700MHz
65W13,7123,5761,155
Ryzen 3
3200G
4 / 43.6GHz
4.0GHz
14nm Vega
8 CU
1250MHz
65W8,6743,9111,239

関連記事:
【AMD Ryzen 4000モバイルCPU発売!】Ryzen 9 4900Hはシングル・マルチ性能の両方ともIntel Core i9を上回る!?

Image Credit : VideoCardz

Ryzen 7 4700G vs. Ryzen 5 3400G

気になるRyzen 7 4700Gの性能ですが、コアスレッド数がRyzen 5 3400Gと比べて2倍に増加したため、Fire Strikeの物理スコアも順当にほぼ2倍の上昇となっています。

問題はグラフィックススコアの方であり、Ryzen 7 4700Gの8CU@2100MHzによるスコアは、Ryzen 5 3400Gの11CU@1400MHzによるスコアよりも1%程度低く、若干劣るという結果になっています。

Vegaの製造プロセスが7nmに微細化したことにより低消費電力でクロックを上げられるようになったため、演算ユニット(CU)数を落とす代わりに高いクロックで前世代のグラフィックスを上回る算段だと思われていたのですが、現状の性能はほぼトントンということになっていますね。

複合スコアを見ていただいてもお分かりだと思いますが、4700Gよりも3400Gの方がスコアが若干高く、Ryzen 7 4700GはCPU性能の上昇に対してグラフィックス性能の上昇が付いていけていないと考察できるのではないでしょうか。

Ryzen 7 4700Gの立ち位置としては、AMDの8コアCPUを使って作業や仕事をしたいがグラフィックボードは必要ないという方向けのAPUということになるのではないでしょうか。

最初から別途グラフィックボードを用意してPCゲームやクリエイティブタスクを行いたい方は、8コア16スレッドでPCIeレーン数もしっかり持っているRyzen 7 3700X / 3800Xや、Ryzen 7 4700X(仮)を素直に選びましょうということですね。(まぁ当たり前の話ですかね。)

Ryzen 5 4400GやRyzen 3 4200Gもグラボ不要タスク向けのAPUか

スコアをご覧いただければお分かりかと思いますが、Ryzen 5 4400GやRyzen 3 4200Gのグラフィックススコアも、それぞれの前世代であるRyzen 5 3400GやRyzen 3 3200Gのグラフィックススコアより低い結果となっています。

AMDが今後の7nm Vega GPUのクロック調整によってRyzen 4000Gシリーズのグラフィックス性能は軒並み底上げされる可能性はなくはありませんが、このままリリースされる場合は、Ryzen 4000Gシリーズは総じて「ゲームなどのグラボが必要なタスクは全く行わないが、AMD Zen 2の高効率CPUを使ってみたい」というライト層や事務作業向けのAPUとなると筆者は予想しています。

「最近噂のRyzenを使ってみたいけど、グラボは必要ない。Ryzenは内蔵グラフィックスがないからIntelを選ぶしかない」というニーズの取りこぼしを防ぐために用意されるラインナップになると個人的には思います。


もし良ければシェア、Twitterフォロー、YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
Twitter : ぽんたす
YouTube : ぽんたすチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました