【速報】Z490マザーボードのASUS ROG MAXIMUS XIIシリーズのスペックがリーク【Extreme / Extreme Glacial / Formula / Hero / Apex】

Intel Z490 motherboard ASUS ROG MAXIMUS XII Series マザーボード
Image Credit : ASUS, VideoCardz
この記事は約4分で読めます。

つい昨日、ASUSのIntel第10世代Comet Lake-S向けLGA1200 Z490マザーボード「PRIME Z490-A」「PRIME Z490-P」「TUF Gaming Z490-PLUS WiFi」の3つがリークしたことをお伝えしましたが、本日はASUS ROG MAXIMUS XII シリーズの情報をVideoCardzがリークしています。

ROG MAXIMUS XIIシリーズは5種類!

「ROG(Republic of Gamers)」はASUSのハイエンドゲーミングブランドであり、今回のROG Maximus XIIシリーズはIntel第10世代Comet Lake-S向けのZ490チップセット搭載マザーボードで、ソケットはもちろんLGA1200になっています。

今回のROG MAXIMUSは現状で、ROG Maximus XII Extreme(M12E)、ROG Maximus XII Extreme Glacial(M12E)、ROG Maximus XII Formula(M12F)、ROG Maximus XII Hero Wi-Fi(M12H)、およびROG Maximus XII Apex(M12A)の5種類になっています。

Image Credit : ASUS, VideoCardz

各Maximusシリーズの差別化ポイント

ROG MAXIMUS XII EXTREME

Maximus XII ExtremeのVRMは16フェーズで、おそらく90Aもの電流供給が可能なパワーステージを採用しており、Thunderbolt 3やMarvellの10GbE、Intelの2.5GbEも搭載しています。

ROG MAXIMUS XII EXTREME GLACIAL

「Extreme Glacial」はExtremeのホワイトカラー版と言われており、極冷環境向けに何かしらの機能が追加されるというウワサもあります。

Extreme、Extreme GlacialのフォームファクタはE-ATXなので、ケースにはご注意ください。

ROG MAXIMUS XII FORMULA

Maximus XII Formulaは、従来通りDIY水冷(本格水冷)対応のVRMヒートシンクになっています。
(もうどうせなら、CPUまで全部水冷ブロックで覆われているASRockのX570 AQUAみたいなのにすればいいのにって少し思っちゃう。)

ROG MAXIMUS XII HERO (Wi-Fi)

Maximus XII Hero (Wi-Fi)は、ExtremeやFormulaと同じ8層PCBになっている点ではMaximus XII Apexよりも優れてはいますが、VRMやヒートシンクも控えめ(といってもめちゃゴツイけど)で基本的には一番最下位のモデルになると思います。

Maximus XIIシリーズの中では唯一オンボードでHDMI 1.4bの出力ができたり、Heroは従来通りMaximus中では最も扱いやすいモデルになっていますね。

ROG MAXIMUS XII APEX

Maximus XII Apexは、唯一DDR4メモリスロットが2つのみで、メモリスピードは5000MHz弱まで対応することが謳われているモデルで、メモリオーバークロッカーにはApexが最も適していると思います。

DDR4スロットが2つでスペースが開いた分そこにDIMM.2が配置されていてNVMe SSDを挿せるので、ストレージガチ勢にもいいかもしれません。(ExtremeもDIMM.2がありますね。)

ケースとの相性問題はどうなる

前世代(現行)のROG MAXIMUS XIシリーズで知る人ぞ知る問題なのですが、ケースによっては背面I/Oをケースにきちんと合わせるとマザーボードのネジ穴がケースのネジ穴からずれたり、ネジ穴を合わせるとI/Oパネルがキチンとはまらないという「マザーボードとケースの相性問題」がありました。

今回のMAXIMUSもXIと同様最初からI/Oパネルがはめられているように見えるので、この相性問題が再び起こらないか若干心配ですが、さすがに改善されていることを期待しましょう…。

まぁMaximusシリーズを手に取るような自作PCガチ勢には僕の説明など不要だと思います。笑
仕様表も載せてありますので是非ご覧ください。

あれ?GENEくんは無いの!?


もし良ければシェア、Twitterフォロー、YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
Twitter : ぽんたす
YouTube : ぽんたすチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました